明日の備忘録(六ちゃんが綴るメモ)

11月18日

イチゴ苗を移植、燐肥よ効いてくれ!

 先週末、ランナーで増殖したイチゴ(宝交早生)を、ポットから鉢に植え替えた。子供たちが泥だらけになって手伝ってくれた。

 昨年、いろいろ調べて7リットル角鉢と5リットルの丸鉢で育ててみた。意外にも5Lの丸鉢の株から期待以上の収量があった。丸鉢のほうには、いい加減に余っていた骨粉肥料の残り全部を与えた。水と肥料の管理さえ、しっかりすれば鉢=土の容量は関係ないのかも。

 燐酸を多量に与えれば花付き、実付もよくなるらしい。骨粉はやや高いので、「過燐酸石灰」と「熔成燐肥」施用することにした。単肥は、培養土と比べ価格が安い。窒素とカリ成分は、バーク堆肥でまかなうことにする。
 ほんとは鶏糞のほうが価格も安く燐酸成分も高くイチゴには効くらしいが、ベランダ菜園では匂いや流れ出る水も気になる。

 土の容量は、7リットル×6鉢+5リットル×8鉢=82リットル。この夏のトマト栽培に使用した赤玉土に、上述の肥料と苦土石灰を混ぜてた。「過燐酸石灰」と「熔成燐肥」は、合わせて1キロ投入したが過剰だったかも。移植後、一週間して枯れてはいないので、このまま様子をみることにする。

 最初の植え方で花芽の成長が違う。昨年も、株元のクラウンは浮き気味に植えた鉢のほうが、葉や花芽の出る数が多かった。根っこが寒そうでも、1センチくらい見えるくらいが、ちょうどいいようだ。

今年は14株
移植時に根を浮かせるのがコツ

17時21分34秒 - 6chan - コメント 23 通 TrackBacks

4月23日

うひゃぁトマト苗が事故ってるぅぅぅぅぅぅぅl

夏野菜の苗をネットでポチって、配送をこころまちにしていた。
ダンボールを開けてみると・・・

ありゃ



ゴロンゴロン!。

思わず、苗たちに、お〜い、大丈夫か?と声をかけてしまった。

うひゃぁぁぁぁ、トマト苗が、ゴロンゴロン、

 ・
 意外と平気。
 ・

 トマト苗8株は、折れなし。
 ピーマン苗は、4株のうち、2株が、接木の上で折れてる・・・(グスン・・・)

 お店に連絡したところ、全部取り替えます!とのこと。速攻でS川急便を手配してくれたのですが、う〜ん、でも生きてるし・・・
 ということで、返却せず、ピーマン分だけ値引きしていただくことになりました。

 実は、経験上、折れたピーマンも、ワキ芽が成長して5割くらいの収量は得られるような予感がします。


# 学生(農学部です)の頃は、園芸植物は「モノ・商品」感覚だったような。最近は、かわいそう、とか、勿体ない・・とか、妙な感情移入が。
 品質や収量を目指すなら、可愛がる感覚を捨てて、ビシビシ厳しくいかんといけないのですがね。






00時27分00秒 - 6chan - TrackBacks

4月19日

収穫間近?

昨年プランター無農薬栽培にしては出来が良かった、苺(宝交早生)
今年は、欲張って、10株、育てています。
元肥で与えたリンカリ肥料が効きすぎたのか、花実が小さいうちから多量についき、全体にこぶりです。
液体肥料の具合で、葉の量(窒素成分に依存)と花実(リン酸に依存)のつきぐあいがコントロールできそうなのがわかってきました。でも、どういった按配がいいのか?どう判断すればいいのか?
試行錯誤が続きます。

まだ緑ですが、形の良い苺が
イチゴ10鉢
00時20分00秒 - 6chan - TrackBacks

7月15日

とまと収穫中

収穫がはじまった「ぜいたくトマト」。100グラムあたりが平均収量とのことでしたが、1つ147gもありました。第1果房のは、ちょいゴツ目です。

平均重量の100gを越えました
01時03分00秒 - 6chan - TrackBacks

7月01日

天まで届いた!

トマトの高さが、ついに2mに達しました

8鉢のうち、2鉢のトマトの高さが、ついに2mに達しました。¥
どちらもシシリアンルージュです。果房は8段。
例年、7月中旬以降でこの高さなのですが、今年の成長は早いです。
住友液肥2号の力は偉大です。

すでに果実を数個収穫しています。
11時13分27秒 - 6chan - TrackBacks

6月22日

お尻がセクシーだよ。

5月のゴールデンウィークに植えつけたトマト苗。7週目に入りましたが、順調に育って、お尻も、いい形しています。
中玉の、ぜいたくトマト、尻腐れ病も見られず、太ってきています。
ぜいたくトマト(デ
<br />
ルモンテ)−7週目

こちらは、昨年も栽培したシシリアンルージュ
鈴なりです。
シシリアンルージュ 
<br />
7週目

背丈は、既に150cmを越えています。なかには、そろそろ2m支柱の限界に届きそ
う。葉も茂っています。液体肥料(住友液肥2号)の効きすぎか?

目標は、ぜいたくトマトは、25個/株、シシリアンルージュは、80個/株。
08時25分50秒 - 6chan - TrackBacks

5月28日

【家庭菜園】トマト、4週間目

今年も、家庭菜園でトマト栽培に挑戦。昨年比倍増の8鉢。
ミニトマト系の「シシリアンルージュ」に加え、フルーツトマト系の「ぜいたくトマト」も。
5月2日に植えつけた苗に、もう、実がつきはじめました。
今年は、昨年使用した土に、ありあわせの赤玉土を混ぜ合わせただけで、元肥など一切せず。肥料は液肥のみ。
これまで土に気を遣ってみましたが、土は単なる土台ととらえ、肥料は液肥でまかなうほうが合理的なのかも。成長の具合を観察しながら、液肥の種類(ハイポネックス,住友液肥実モノ用,住友液肥葉モノ用)を変えてみたりしようかと考えてます。
1ヶ月で、実が太りはじめ、第3、第4果房も

すくすく育っているようですが、空間の陣取る覇権争いに決着がつきつつあるようで・・・・成長の遅いやつにテコ入れのために、鉢の位置を変えてみようかと思います。
07時42分00秒 - 6chan - コメントなし TrackBacks

5月13日

次々とイチゴがなっています

おかげさまで家庭菜園のイチゴは順調です。
4株だと、3日ごとに1口づつって感じ。とても、毎日イチゴづくし、というわけにはいきません。
農薬使わずにここまでできるので安心です。
null
21時06分03秒 - 6chan - コメントなし TrackBacks

5月09日

窒素・燐酸・カリ(イチゴ栽培)

 家庭菜園ではじめたイチゴ、紅くなかなか美味しそうに実をつけてくれます。
 美味しく仕立てようと、液体肥料を「実モノ用」と称する変えてみました。窒素・燐酸・カリの比率は、10-5-8。気のせいかもしれませんが、果実の色や味が濃く甘くなったような気がします。V^^V。
 しかぁ〜し、花がついてくれず、花から実に変態せず枯れてしまってます。なぜだぁ。これまでやっていた液肥のチッソ・リン酸・カリの比率は、6-10-5。窒素と燐酸の比率が逆転。これか?
 どうやら、燐酸成分は、花つきに関係があるようだ。花が咲かないと実がつかないよね。まず、花を咲かせることに注力しないといけないようです。
 
09時17分49秒 - 6chan - コメント 25 通 TrackBacks

3月23日

我が家の桜も開花宣言!

気象庁の発表から遅れること2日。我が家の桜(ソメイヨシノ)も開花しました。
開花宣言!今年(2009年)も、我が家の桜が咲きました。
--
植物からいただく癒しと元気はお金に代えられませんが、桜を所有すると、こんなコストがかかります。
--
維持費用:枝きり、薬剤散布など、3万/年
     花の季節は毎日掃除、落ち葉はき、毛虫退治
機会費用:駐車場2面分、60万/年
将来のコスト:撤去費用、20万
--
09時54分19秒 - 6chan - コメント 12 通 TrackBacks

3月21日

季節外れのイチゴ?

季節外れのイチゴ?いえいえ路地モノは5月が旬だそうです。我が家の家庭菜園のプランターにも白い花がつきはじめました。50日後に食べられるようになるそうです。甘く太るように株の根元に追肥をしました。楽しみです。それまで、虫や鳥に喰われたりしなければいけません。

家庭菜園のイチゴ(宝交早生)に花が咲きました。3月19日。
20時14分26秒 - 6chan - TrackBacks

8月17日

もう間に合いません

 今年は、ベランダの植木鉢のトマトが、たくさん実りました。
4株植え、各々80個、実をつけてくれたので、都合300個あまりの自家製トマトが収穫できました。
 株のうち2つは、丈が2m近くになり、まだまだ花房がつき、可憐な黄色い花を咲かせています。
 トマトが収穫できるようになるには、受粉してから60日ほどかかります。今、咲いている花は10月中旬に収穫といいきたいところですが、そうはいきません。
 日照時間の短縮、株の勢いなどが許してくれません。来月下旬には、鉢を片付ける予定です。
真っ赤なトマト
今、花が咲いても間に合いません!
もう間に合いません

「シシリアンルージュ」という品種で、手が掛からず栽培できます。生食もOKですが、加熱しトマトソースにするとスッキリとした酸味と濃厚なトマト風味がもう絶品(ペロリ)
苗は園芸ネット( http://www.engei.net/ )で購入しました。


診断士的には、日本の総販売元のプロモーションの気合の入り方に恐れいります。
http://sicilian-rouge.com/
01時54分00秒 - 6chan - コメントなし TrackBacks

3月23日

桜開花宣言

我が家の桜、昨日は、花芽が濃いピンク色がみるみる広がっていくもののの、終に1つも開かず。
今日は、朝7時に観察したときは、みつからなかったのに、10時には、10輪、夕方には50輪ほど咲きました。
桜開花宣言

今のういちに、枝ぶりから剪定計画(本当は、成長期の春に切るのは、傷口が痛みやすく、桜に良くないのだが・・・)を立てておかないと、みるみる繁って葉が過密状態に。そうすると、毛虫がぁああああああああああ・・・・
23時27分00秒 - 6chan - TrackBacks

12月04日

パンジー&ビオラ、半年間よろしく

先々週、プランターに植え替えたパンジーとビオラの株、どうやら定着したようです。うまくゆけば、来年の5月頃まで花が楽しめるはず。株を長続きさせるコツは、咲き終わった花を摘み取り、種子が熟することを抑えることだとか。組織継続に人の世代交代が必要なのと似ていますね。
今年も、パンジーとビオラを植えました
15時46分33秒 - 6chan - コメントなし TrackBacks

8月29日

紋黒天社蛾

自宅の桜の樹の下が、黒い2mmほどの球形の糞だらけ。
見上げると、あちこちの枝の先端50cmくらいが、見事に丸裸。
そして、残る緑の葉っぱには・・・・いたいた!、うようよ毛虫だらけ。
この時期に、こんな毛虫みたことない、
早速、毛虫の集団が食事中の枝を丸ごと切り落とし、ポリ袋に収納。
500匹は捕ったと思う。

調べたところ、モンクロシャチホコ蛾の終齢幼虫であることがわかった。
人体には無害、桜の樹の成長にもあまり影響を与えないそうだ。可哀想なことしたかな。

桜の樹から枝ごと取り除いた毛虫たち − モンクロシャチホコ
19時48分07秒 - 6chan - TrackBacks