明日の備忘録(六ちゃんが綴るメモ)

いつのまにか診る専に

(最新のブラウザだとレイアウトが崩れる状態を放置して3年くらい。重い腰をあげて?スタイルシートを適当に調節して見やすくしました。)
-
 「診る専」ってなんだと思われたかもしれません。自分の仕事のスタイルを、一言にしてみました。中小企業診断士の仕事は、診る・書く・話すの三要素がバランス良くと言われますが、いつのまにか書く・話すの案件が細り、気が付くと「診る」専門で活動しています。

 この4月に診断士資格を取得して5年。今では、関与先の90%が中小企業の診る専門のコンサルタントとして営業しています。10%も、NPO法人や社会福祉法人、仲間内のコンサル団体。大企業向けの研修とか、いつのまにかメニューから消え去ってしまいました。

 もっとも、売上のお金の出所は、自治体であったり、国であったりと、民民契約のものは、まだまだ少ないのですが。

 同世代でも、診る専で活動している方は、案外少なく、地元に灯台元暮らしのようなフロンティアが広がっていたことも実感。

 資格当初は、執筆や講演などの仕事をとろうとがんばったのですが、書いたり話したりする機会もめっきり減りました。

 それでも、活きていけるのです。




 


投稿日時: 2012年03月16日 11時35分14秒 投稿者: 6chan - カテゴリー: 中小企業診断士開業

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

:

:
: