明日の備忘録(六ちゃんが綴るメモ)

リーマンショックの頃(その1)

 まだ駆け出しだった診断士2年目の半ばに、リーマンショックが起きた。診断士需要?が喚起されたのか、駆け出しの私にも、窓口相談や派遣専門家に携わる機会があった。
 といっても、売上げが半分だの1/3だの、受注がゼロだの、当時としては、あまりの打撃に、どんな手も焼け石に水感。
 当時持ちかけらた、とある製造業さんからのご相談。その相談票には、こう記されていた「今までホームページを持っていなかったので、ホームページを開設して売上げを確保したい。」安直だなぁ、正直、そんな、うまくいかないだろう、と思いながら、その製造業さんを訪ねた。
 案の定、生産量=売上高は前年比1/3。パソコンは経理の事務用だけ。相談の希望内容がホームページなので、レンタルサーバ借りて独自ドメインとって、みたいなアドバイスをしながら、事業についていろいろ話を伺った。
 ホームページのほうは、業者に頼むほど予算がない。自力で、ということだったので、ホームページビルダーを買ってもらうことにした。が、まあ、自力でできなさそうなのは見えていたので、結局私が手伝うことになったが、たいした出来栄えではない。
 ホームページを手がけながら、社長と話しあった。この会社の売りは何か?取引が残っているお客様は、この会社に何を期待しているのか。もっとも、私は「へぇ〜」とか「ふ〜ん」とか「そうなんですか」適当に相槌を打って聞くだけ。
 長時間おじゃましていると、自然と取引先との電話の会話が耳に入ってくる。そ〜っと聞き耳を立てる。実は、社長が当たり前だと思っている「品質管理」や「不良品対策」が、この会社の強みなんだと。


投稿日時: 2012年03月23日 11時50分56秒 投稿者: 6chan - カテゴリー: 中小企業診断士開業

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

:

:
: