明日の備忘録(六ちゃんが綴るメモ)

診断協会の東京支部のどの支会に入るか

 そもそも、実務補習も終わり、4月の新登録者もどの支部支会に入るか、あらかた決まっているので、もう参考にならないかもしれない。
 東京支部には、中央・城東・城西・城南・城北・三多摩、と6つの支会がある。 地域で分けたような形になっているが、三多摩以外は、あまりに東京支部がでかいので便宜的に分けたんじゃないかという、その程度な感じ。
 指導員の先生の会に入るのが、慣わしみたいなところもあって、実は私もそうしてしまった。
 周囲を観察すると、ビジネスに熱心な会から、ただのサロンのような会まで。小職の所属する支会は、サロンのような会で、ビジネス熱心じゃない。独立開業している身にとって、他の、ビジネス・ビジネスしている支会と比べ、見劣りする・鞍替えしたい、と思っていた時期もあった。
 でも、他所のビジネス・ビジネスした支会を観察していて、わかった。仕切っている方がいるのだ。私はこう考えるようになった。仕切っている方と合わないと辛いだろうな。いつでも優しく迎えてくれそうな、サロンのような所属支会が、ありがたく思えるようになってきたこのごろである。
 来週早々には組織変更があって、支会は、診断士会の支部のようかたちになるらしい。人は変わらないようなので、組織の性格はそのままだろうな。良さは残っていてほしいものである。



投稿日時: 2012年03月29日 16時28分57秒 投稿者: 6chan - カテゴリー: 中小企業診断士開業

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

:

:
: