明日の備忘録(六ちゃんが綴るメモ)

新しいことに手をだすな(診断士1次試験学習)

診断士1次試験まで、あと1ヶ月弱。
 試験まで、試験勉強のための時間を何時間投入可能ですか?なぬ、200時間は投入可能って?勤めてたら、100時間でも難しいかも。平日1.5時間×20日+休日6時間×9日=84時間。どうだ?

 この試験は、受験した科目トータルで6割以上。1科目では4割以上の正答が求められる。

(1)本番で4割に到達しない可能性のある科目は、あるか?合計で6割以上でも、1科目でも4割に達しなければ不合格。なんとしてでも4割は確保できる能力を身につける。がんばったら、どのくらいできるようになるか?4割ギリギリか。7年前の自分の場合、経営法務が、該当。
(2)4割は達するが6割に達成できるかどうか、あやふやな科目。
・伸びしろがあり6割以上まで持って行ける。
・6割以上は、難しいかも。では何割?いけそうか。
(3)(1)(2)を検討した結果の不足分のトータルは、いかほど。
(4)残りの得意科目から6割分を差っ引いて、(3)は充当可能か。
(5)充当できないとすれば、さらにどれかの科目の得点可能性を高めなければならない。

(重要)苦手な科目を頑張りすぎないことが大切。苦手科目を4割→5割にするよりも、得意科目を6割→7割にするほうが容易=(単位あたりの学習時間で、より得点可能性が向上)かもしれない。

 残り84時間のうち、総仕上げとして24時間は残しておこう。そうすると、各科目で60時間。均等に割り振ると1科目10時間も投入できない。
 だから、試験に受かるための能力と現状とのギャップを分析して、限らた時間の中で有効な学習しなければならない。

これからの学習方法
・いままで答案練習した過去問や問題集があるはず。
 自分が解けなかった問題の解答解説を、しこたま読む。正当以外の選択肢でも、その意味を調べておく。
 財務は、問題集や過去問n計算問題を集中的に解く。ただし思考のプロセスは、必ず計算メモとして記録しておく。

 もう一度いう。完璧でなくていい。6割でいいんだ。


投稿日時: 2012年07月06日 14時18分43秒 投稿者: 6chan - カテゴリー: 中小企業診断士受験

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

:

:
: