明日の備忘録(六ちゃんが綴るメモ)

実務補習はチームの生産性

5日間×3ラウンドの実務補習。初日は経営者ヒヤリング、最終日は経営者への報告会とすると、メンバーで討議できるのは3日間。そのうち報告会の段取りもあるから、実質2日で、方向性を定めて分析を行い、診断報告書を作成せねばいけません。
 1班5〜6人のメンバーが、初期段階から情報をしっかり共有しないと、成果物がちぐはぐに。
 そこで、ホワイトボードで方向性を整理したら、プロジェクターで報告書の画面を投影しながら作業をすすめていくと、問題点を深く共有することができ、能率が向上します。

 独立を目指されている方は、プロジェクターを自己所有していると何かと便利です。これを契機に手に入れられては如何でしょうか。

投稿日時: 2008年01月22日 10時40分39秒 投稿者: 6chan - カテゴリー: 中小企業診断士開業

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

:

:
: